施術について

こんな方にお勧めです。

  • つらい症状や疲れが改善されない...
  • さまざまな病気の予防に取り組みたい!
  • スタイルを良くしたい、痩せたい(代謝をアップさせたい)!
  • 体質の改善を図りたい!
  • ぎっくり腰・五十肩・突発性難聴を患ってしまった...
  • リウマチ・膠原病・線維筋痛症の症状を緩和、改善させたい!
  • 後遺症の苦痛を緩和させたい!
  • ガンの症状緩和、気力回復、苦痛の軽減をしたい!
  • 肩こり、頭痛、腰痛、神経痛、めまい、耳鳴り、更年期障害、食欲不振、冷え性、便秘、息苦しさ、睡眠障害、不妊 など


  お悩みの方は ぜひ!





当院の指圧療法 作用

  

押圧操作による

   *筋肉皮膚毛細管の柔軟化、緊張緩和

   *リンパドレナージ

   *表層及び深部の反射作用

   *骨格矯正

   *緩呼吸誘導

   *自律神経調節

   *リラクゼーション

 ●運動操作による

   *ストレッチ、深呼吸誘導

   *骨格矯正

   *筋(拮抗)バランス修正

 ●呼吸操作による

   *リラクゼーション

   *自律神経調節



▼この指圧の作用に加え、「AK療法」「骨盤調整」「筋膜リリース」などの

  手技を必要に応じて併用し、苦痛の緩和から症状の軽減を最大限に引き出します。

  施術後よりだんだんと改善していく体調を、ぜひご体感ください。


当院で受けられる、その他の施術

   

テーピング

関節や筋肉の保護、サポートに用います。急性期の症状(捻挫やムチウチ症、ヘルニア、ギックリ腰患部、重度五十肩 等々)で指圧で触れることの出来ない症状にも対応致します。指圧と併用もできます。


真空浄血療法

別名‘吸玉’等と呼ばれています。末梢の循環を促し代謝不全や慢性疾患の症状改善に作用します。経験上膠原病の症状緩和にオススメします。過度の筋緊張も指圧とともに緩和できます。特に症状が気になる方は指圧と併用がオススメです。


光線療法

当院ではコウケントー(可視総合光線療法)を使用します。特殊なカーボンを燃焼させ、赤外線のみならず、可視光線や紫外線を症状にあわせて照射することで、様々な疾患や症状に対応します。(光線のみの実施では、毎日または一日置きでの実施が効果的です。)指圧を受けられる方にはサービスで体験いただけます。


ハドマーパンピング

別名‘空圧マッサージ器’です。当院では下肢を対象に行っておりますが、主に、むくみ(浮腫)の軽減・除去目的で行います。指圧と併用可能です。(足の冷えやむくみが特に気になる方は指圧+ハドマーがオススメです!)


<他の施設との違い>

 ※柔道整復などは古来の武術が盛んであった時代の、怪我や失神の措置として応急の手技でありました。その施設がいまでも存在する「接骨院」や「整骨院」です。これらの施設は慢性疾患や肩こり腰痛は、本来不得意分野であり、ましてや保険は適応になりません。ちなみに保険適応は骨折・脱臼の応急処置と捻挫・打撲の処置のみです。もし上記疾患以外で保険を適応させる治療院は不正に請求を行なっているところですからご注意ください。

(誤解が多いのですが、保険が使えるから格上の資格なんてことはありません!!!分野が違うのです。)

 ※他の治療院などで、見習者に手順通りに2、30分施術を行わせ、最後に10分程度資格者(または院長)が主要患部を施術する、なんて治療院も数多くありますが、これは全身状態の把握がきちんと出来ませんのでホリスティックな施術でもなければ、より高い施術作用は得られないでしょう。(あきらかな営利行為であり、私が客の立場なら行きません。)

 ※昨今、無資格者が「もみほぐし」や「サロン」と称して出店しています。‘疲れたから家族にちょっとだけ揉んで欲しいけどやってもらえない’ とか ‘誰でもいいから触って欲しい’ なんて人はこのような店でも構わないと思います。ですが、症状がある方、怪我をしたくない方、ちゃんと効果や作用を得たい方は、きちんと公的資格や経験を積んだ施術者がいるところをオススメします。(ちなみに『整体』や『カイロプラクティック』も国内では公的資格ではなく、技術や知識も個人差が大きいので、公的資格を有する治療院よりも注意が必要です。)要するに、覚悟を持って受ける処です。処によっては「事故による賠償請求しません」という誓約書を書かせる施設もあります。


施術者

 施術者(院長)/久保田 靖孝

  

指圧師、スポーツトレーナー

日本指圧専門学校 36期卒

 幼少の頃より、呼吸器や皮膚が弱くアトピー性皮膚炎にも悩まされ、その後、薬物療法や現代医療で改善されない治療に疑問を抱きつつ、心身のケア・手技療法に興味を持つ。

 スポーツトレーナーなどを務めながら、日本指圧専門学校にて修学。

 1995年、あんまマッサージ指圧師 国家資格取得後、各種専門病院や施設での指圧マッサージ、運動療法に従事し、2002年より帯津三敬病院にて、リハビリ~代替療法「指圧」専任担当として、様々な疾患の治療や難病(ガンや膠原病 等)のケアに携わる。

 15年に及ぶ様々な臨床実績を経て2010年春、開業。現在に至る。





〒361-0013 埼玉県行田市真名板1204-2

048(559)0106

クボタ指圧院